院内・設備紹介

院内紹介

当クリニックの入口です。

 

  受付・待合
  患者様が落ち着いて治療をうけれるよう 待合室や診療室に木の素材を使用しております。
  待合もゆったりとした空間となっております。
  
  

 
 清潔感のある、日のひかりあふれるさわやかな診察室です。
 
 

 

  


設備紹介

※クリックすると拡大表示します。

歯科用CT

歯科用CT生体用モニターオートクレーブデンタルチェアモニターセレック

正確な診断と安全確実な治療のために歯科用CT(ヨシダ トロフィーパンプラス)にてアゴの骨の立体的な形態や、神経の位置把握、さらに骨密度の診査などを調べます。
治療を行う前だけではなく、治療終了後にも撮影を行い状態を確認します。

デジタルにより従来のフィルムを使用したレントゲン撮影に比べ、人体に受ける放射線の量を約1/4〜1/10に抑える事が可能に、またCT(3D)機能により断層写真、立体的な撮影ができますので、インプラントのみならず、あらゆる歯科診療でより正確な診断と安全確実な診断が行えます。
CT撮影も実行照射時間の短縮により、他のCT機器と比べ放射線量が一番少なく(2009年1月時点)、患者様に必要以上のX線照射をすることなく診査・診断ができ、体にも安全です。


CTによる3次元画像により、通常のレントゲン写真ではわからなかった部分が、精密・立体的に見ることができ、インプラント治療の精度も飛躍的に向上します。
歯科治療の従来の診断を大きく変えるCTスキャンの導入により今まで2次元のレベルでの診断が3次元立体画像でのレベルに変わり多くの情報を提供してくれます。

当院では、より多くの患者様にもご利用していただけるよう、お気軽にお問い合わせください。

より正確な診断と、より安全な治療をするために

■ CTスキャン見えなかったものが見える
一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。
顎の内部構造なども、リアルに見えます。

■ わからなかったことがわかる
顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できます。

■ 治療の安全性が広がる
インプラントだけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な審査・診断により、治療の安全性を高めます。
歯科用CTスキャンは、以下にあげるような歯科治療において大きな役割をはたしています。


■ CTのメリット
・撮影から診断までその場で即日で行える(多施設では最低1週間かかります)
・被曝線量が医科用の1/8(歯科用パノラマ4枚分)と低水準
・撮影料金が非常に安い(大学病院や総合病院より低価格でCT撮影ができます。)


 

生体用モニター

生体用モニターオートクレーブデンタルチェアモニターセレック生体用モニター

手術の際に患者様の状態の管理を行います。

オートクレーブ

オートクレーブデンタルチェアモニターセレック歯科用CT生体用モニター

きっちりと滅菌し、感染症のリスクを最小限にします。

デンタルチェアモニター

デンタルチェアモニターセレック歯科用CT生体用モニターオートクレーブ

画面を見ながら患者様に分かりやすく説明します。

セレック

セレック歯科用CT生体用モニターオートクレーブデンタルチェアモニター

CAD・CAMにより早く・綺麗な技工物を作製します。